初めて男着物を着られる方でも分かるおしゃれな着こなし術を解説

近年着物文化が改めて見直されていることをご存じでしょうか?花火大会の浴衣姿は言うに及ばず、夏場の作業着やリラックス着として甚平や作務衣はすっかり定着し、街中でも見かけるようになりました。また、冠婚葬祭の場でも和装を多く見るようになりました。新郎新婦の和装の清々しさは言うに及ばず、来賓も袴や留め袖で着飾った姿を見ると、日本古来の着物の良さを感じることができます。しかしそうは言っても普段の生活に着物を取り入れるのはハードルが高いもの。本を読んで着付けや道具の扱いは理解できても、実際どんな風にコーディネートすればいいのかイメージできない人も多いはずです。ここでは、そんな人に日常でどのように着物を着こなすことができるかを提案していきたいと思います。

まずはベーシックに長着と羽織をマスター!

男着物はまずは難しく考えずに、ベーシックな着こなしをマスターすることをおすすめします。改まった席でもない限り通用する長着(羽織やコートに対して裾まである和服のことで、ここではわかりやすく普通の着物=長着と覚えてしまいましょう)と羽織の組み合わせをマスターしましょう覚えるといっても、季節にあった色(寒い季節はこっくりとした色を)と素材(夏は麻や絽)を判断して組みあわせるだけなので、特別な知識はあまり必要ありません。洋服の色と素材を選ぶ感覚で通用します。この長着と羽織の組み合わせをよりこなれた様に見せるテクニックは、長着の下に着る襦袢の衿の色を白以外にすることです。カラーコーディネートは着る方のお好みでかまいませんが、男着物は一般的に長着より濃い色の衿が見えていると粋な印象になります。また、足袋も濃い色のものを着用すれば、汚れも目立ちませんしお洒落に見えて一石二鳥です。

イベントや場所に合わせてアレンジしよう

基本の着こなしとなる長着と羽織の組み合わせを覚えてしまえば、男着物のアレンジはとっても簡単です。例えば街中でより景色になじむように着こなしたいのならば、洋品を取り入れるとぐっとカジュアルになります。例えば、真冬は襦袢の代わりにタートルネックのセーターやハイネックのシャツを着こむと、こなれた上に堅苦しくないイメージになります。足袋のかわりに足袋方ソックスにすると防寒もばっちり。キャスケットやハンチングなど帽子をプラスしてモダンなコーディネートを楽しむことができます。野良仕事や沢山歩く時などには、野袴といったモンペのような普段の袴を着るのも楽しいもの。逆に、冠婚葬祭は黒紋付の羽織と袴で決めれば、ただのスーツよりも粋で周りから見直されること間違いありません。このように、あらゆる場面でいろいろな表情を楽しめるのが着物の面白いところです。ぜひ、ご自分の生活スタイルに合った着物の着こなしを考えてみてくださいね。

着物レンタル365の強みについては、下見をすることができ、色柄やイメージを確認していただけることにあります。 上質な着物を豊富に取り扱っており、必要な時に希望に合ったタイプの着物をレンタルしていただくことができます。 大切な日だからこそ、1番キレイなあなたで迎えられるように、素敵な着物があなたの魅力をより輝かせます。 晴舞台用の男着物をお探しなら着物レンタル365