男着物のいい着こなし方悪い着こなし方はこれだ

最近では、夏の花火大会などで男性も浴衣姿の方を多く見かけるようになりました。また、結婚式の場でも紋付袴姿で参列される男性もいらっしゃいます。女性の和装に比べて男性の着物姿というのは珍しく、それだけでも目を惹きますね。そもそも和服は日本人のために作られた衣服ですから、その出で立ちは洋装よりも凛々しく、見ている側の心も華やぐ素晴らしいものです。しかし、男性がかっこよく着物を着こなすためのテクニックは、女性のそれとは異なる点が多いため、ごくまれに間違った着こなしをしてしまっている方がいるのも事実です。男性が着物を美しく粋に着こなすにはいくつかのコツがあるのです。ここでは、男性が着物を美しく粋に着こなすポイントを解説していきたいと思います。

こんな着こなしはNGになってしまいます!

まず男着物の着こなしで一番多い失敗例が帯の位置です。通常、女性の着物は胸高に帯を締めるために、男着物でもそうしてしまう方がいらっしゃいます。特にスリムな体型の若い男性は帯がずり上がってきてしまい、『バカボン』状態になってしまいます。男性の帯は下腹に結ぶのが基本で、横から見た際に前下がりになっているのが理想です。もしお腹が痩せていて帯が上がってしまう場合は、下腹部分に薄いタオルや手ぬぐいを丸めて入れましょう。男着物は恰幅がよい方が粋に見えます。また帯を高く結んだ際の弊害でありがちなのが、着物の裾がスカートのように開いていることです。女性の着物もそうですが、和装は裾すぼまりのシルエットにするのが基本です。着物を身体に巻く際に、裾の先を巻き込むようにしてすぼまりを作りましょう。また、男着物はおはしょりを作らず対丈で着ますので、必ず自分の身丈にあった着物を選んでください。丈が足らずつんつるてんになると、これまた小さな子供のようになってしまいます。

男着物を更に格上げするテクニックはこれ!

以上が男着物の基本的な着こなしのテクニックですが、ここに一手間加えると更に小慣れた味のある着姿にすることができます。まずは帯の結び目の位置です。女性の帯結びは背中の中心に持ってくるのが鉄則ですが、男性は中心に持ってくるのは野暮天になってしまいます。結び目を左側にすこしずらすと一気に小慣れた雰囲気になります。真横に持ってきすぎると芸人さんなど粋筋の商売に見えてしまうので、加減が大切です。また、小物にもこだわるのもおすすめです。帯に差して使うタイプの革のタバコ入れなどが特におすすめです。タバコを吸わなくとも小物入れとして活用できますし、最近は和装用の帯にかけるスマホケースなどもありますので、是非取り入れてみてください。その他、扇子や羽織紐など、こだわる部分は沢山ありますので、是非ご自分にあった男着物のおしゃれを追求してみてくださいね!